スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルファリンとミコナゾール併用禁止

HOME>薬の副作用>ワルファリンとミコナゾール併用禁止

ワーファリン錠、および顆粒(ワルファリンカリウム、エーザイ)その他ジェネリック薬
フロリードゲル経口用、F注(ミコナゾール、持田製薬)

ワーファリンは血栓塞栓症の予防や治療に使用される薬です。また、ミコナゾールは、カンジダ症治療として承認されており抗真菌薬です。

血栓塞栓症に用いるワルファリンと抗真菌薬であるミコナゾールの併用によって、直近の3年で31例の出血症例がありました。
そして、併用の因果関係が否定できないものであるとして、厚生労働省医薬・生活衛生局が併用を禁止する事になりました。

ワルファリンとミコナゾールの併用は、ミコナゾール承認時に「慎重投与」「重要な基本的注意」「併用注意」で注意喚起をしてありますが、重篤な出血症例が多数報告され、「禁忌」としました。

この併用禁止により、他のアゾール系抗真菌薬が使用される機会が増えると予想されることから、ワルファリンとの併用について「慎重投与」「重要な基本的注意」に追記し、注意喚起しています。

慎重投与」に「ワルファリンカリウムを投与中の患者」追記
「重要な基本的注意」にワルファリンカリウムとの併用に関する注意喚起
上記対象薬
イトリゾールカプセル、内用液、注(イトラコナゾール、ヤンセンファーマ)他
ジフルカンカプセル、ドライシロップ、静注液(フルコナゾール、ファイザー)他
プロジフ静注液(ホスフルコナゾール、ファイザー)
ブイフェンド錠、、ドライシロップ、静注用(ボリコナゾール、ファイザー)他

参考サイト:ミクスOnline

ニボルマブに新たな重大な副作用
新たな重大な副作用が確認された5つの医療用薬(2015/4)
乾癬治療薬セクキヌマブ(コセンティクス)使用注意

スポンサーリンク

テーマ :
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
サブカテゴリ
スポンサーリンク

最近発売された薬
・オピオイド誘発性便秘症治療薬「スインプロイク錠0.2mg」2017.6.7
・ADHD治療剤「インチュニブ錠」2017.5.26
・クローン病治療薬「ステラーラ点滴静注130mg」2017.5.24
・便秘型過敏性腸症候群の治療薬「リンゼス錠0.25mg」2017.3.22 ・マラリア治療薬「リアメット配合錠」2017.3.7
・緑内障・高眼圧症治療の配合点眼液「ミケルナ」2017.1.11
・下垂体性成長ホルモン分泌亢進症治療薬「シグニフォーLAR」2016.12.2
・HIV感染症「トリーメク(Triumeq)」2015.4.10
・男性型脱毛症用薬プロペシア錠のジェネリック」2015.4.6
・尋常性ざ瘡(にきび)「ベピオゲル」2015.4.1
・中毒性メトヘモグロビン血症「メチレンブルー」2015.3.20
・血友病A「イロクテイト」2015.3.9
・乾癬「コセンティクス」2015.2.27
・悪性黒色腫メラノーマ「ゼルボラフ錠」2015.2.26
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎「タケキャブ錠」2015.2.26
・膵・消化管神経内分泌腫瘍治療薬「ザノサー」2015.2.23
・大腸がん治療薬診断薬
・エチレングリコール・メタノール中毒
・血友病
・てんかん重積状態
・HIV-1感染症
・抗うつ薬
・新薬発売一覧
最新記事
ブログランキング
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
糖尿病の最新情報
妊娠・妊婦・不妊の最新情報
赤ちゃん元気に育て!
前立腺の最新情報
乳癌治療最新医療情報
脳の病気医療情報
子供小児の病気医療最新情報
関節・骨・筋肉の医療最新情報
子宮の病気治療最新情報
皮膚の病気医療最新情報
肺の最新医療情報
生活密着の健康医療情報
胃・腸・食道の最新医療情報
心臓・血管・血液の最新医療情報
ちこっと寄ってかない
腎臓・尿・膀胱の最新医療情報
うつ病関連の最新医療情報
ワールド・ヘルス・インフォ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。